サンクス建設株式会社
顧問
池田利信
代表取締役
池田広治
お客様係
池田憲治
   
熊本市上水前寺1丁目7番12-107号 
TEL:096-384-0361
FAX:096-385-6368
E-mail:thanks_kensetu@h3.dion.ne.jp
HP:http://www.thanks-kensetu.jp/
 
出会いをお待ちしています。
 

床暖房が健康に良いこと・快適であることは、実績ができるに伴い、急速に認識されてきました。

しかし、ただお湯を沸かして床に送る床暖房や電気式の床暖房では設備費がかかり、さらに維持費も大変です。
その結果、「リビングだけ」とか「家に居る時だけ」になってしまい、これではせっかく床暖房しても、健康に良い、快適な住まいとは程遠いものになってしまいます。

そこで燃料費を気にせずに利用できる太陽熱の床暖房、ハイブリッドソーラーハウスをおすすめしています。
部屋はもちろん、廊下・トイレ・洗面所も24時間暖かく、しかも昼間のうちに夜〜明朝の分まで蓄熱できるという抜群の能力を持っています。
ハイブリッドソーラーハウスにお住まいの方の集い
☆友の会☆第8回総会を行いました。

13組27名の方に集まっていただき、とっても楽しい2時間でした(建築予定1組)。
お客様の「お集まりの方々が他人とは思えず、ファミリーのような感じがします。」という言葉が印象的でした。
家を建てるという事は人生の中でもとても重大な決断です。 健康で快適、さらに自然エネルギーの利用で地球にも優しく暮らす。 みなさん同じ思いで建てたそうです。そんなみなさんは、☆友の会☆と言う名のファミリーではないでしょうか。
みなさんで、大満足のハイブリッドソーラーハウスを広めていこうと盛り上がりました。
〜サンクス便りNo13が発行になりました〜
サンクス便りバックナンバー
No.1(2008年4月号)
No.2(2008年6月号)
No.3(2008年8月号)
No.4(2008年10月号)
No.5(2009年1月号)
No.6(2009年3月号)
No.7(2009年4月号)
No.8(2009年6月号)
No.9(2009年8月号)
No.10(2009年10月号)
No.12(2010年3月号)
 
 ーー お客様のご感想 ーー
ー福岡にもハイブリッドソーラーハウスが完成!!ー
 
外観は黒を基調に渋くまとまっています。
玄関はウッディーなドアでお客様を迎えます。

リビングは家族が集う場所。
みんなのお気に入りの空間です。

和室にちょっとした飾り棚を造りました。
壁の下のほうには和紙クロスを使用し
和室らしい落ち着きがあります。
  ダイニングの横にはキッチンがあり、動線が短いので配膳や後片付けも楽チン。

ー熊本市白藤H様のご感想ー
 30年以上も前の事ですが、家を建てる時はこんな家をと、図面を引きダンボールでミニチュアのマイホームまで作っていました。
ただ、当時はソーラーとか床暖房とかはなかったため明るさや風の通りだけを考慮した設計でした。
退職を前にいよいよマイホームが必要になり本格的な設計に入りました。
初老期に入る私たちの生活パターンをイメージした場合、なんと言っても冬季を如何に快適に過ごすかでありました。
ハイブリッドソーラーハウスは、正に私たちの考えにピタンコのシステムでした。
商売人のセールストークを信用しない私は、建築中の物や一番最初に建築された方のソーラーハウスを拝見させて頂き納得致しました。
(う〜んこのシステムは嘘じゃなかバイと)
私はギターが趣味ですが、冬の間はなかなか炬燵から離れられず練習がおろそかになっていましたが、現在はソーラーハウスのお陰で厳冬の日も楽しく練習に励んでいます。(練習しすぎて腰やつが痛うなりましたタイ!)
カアチャンもフラダンスに励み、いつの間にか三段腹が二段腹に
窓辺には育て方が難しい胡蝶蘭もスクスクと育ています。
心残りは、あの世に行った爺さんと婆さんに、この素晴らしいシステムの家に来てもらいたかった。 

ー天草市M様のご感想ー
 ソーラー発電と電気式の床暖房(局所)の家が、思ったほど暖かくなかったことがきっかけで色々調べているうちに、ハイブリッドソーラーハウスにたどりつきました。住み心地は快適で、以前住んでいた家は寒いときは暖房してもなかなか暖まらず白い息が見えるほどでした。今は朝起きても楽に動けます。
 物置で薪ストーブを焚けるようになって、この薪の熱をハイブリッドソーラーハウスにも利用できないかなぁと考えたことが発端で薪ストーブを導入しました。というのも、冬の間、太陽の熱が足りないときはどうしても石油ボイラーを使う必要があります。できるだけ化石燃料を使わない方法を考えたとき薪ボイラーがありました。
 昨シーズン、寒いときは10日〜2週間位で給油(80L)をお願いしていたのですが、今シーズンは11月下旬(薪ボイラー導入時)満タンにしていただき、1月初旬40L追加、2月中旬満タン(80L)にしたところです。我が家での灯油消費量は確実に減っています。
 その代わり人の手間はかかります。スイッチひとつ押せば熱いお湯が出るという訳にはいきません。でもこれが今の人々が忘れかけていることではないでしょうか。便利になる、楽になることを追求してきた結果が地球温暖化では!?
 薪を使ってお湯を沸かす、以前の風呂焚きに通じるものがあります。子供たちにも薪割から手伝わせ、早く帰ってきた者から床、お湯の温度を確認し、温度が低ければ薪を燃やすということをやっています。手間暇掛けなければ手に入れることができないことがあるということを、薪ボイラーを導入したことにより子供たちに少し教えることが、そして親にとっても再確認することができたという、いい副産物が生まれてきたような気がします。


Sさん宅は雨水も利用しています

ーS様ご感想ー
 私がハイブリッドソーラーハウスを選んだ理由は、まずランニングコストが低かったからです。坪単価の安い家を建てても、ランニングコストが高いと維持費が大変でからです。太陽熱による、全室、終日、温水床暖房なので他の床暖房に比べ、かなり暖房費がかかりません。
 第二に健康に暮らせる家だからです。部屋間に温度差がなく、輻射熱による床暖房なので、空気はいつもきれいで、自然な暖かさが一日中続きます。また断熱性に優れていて、結露が付きにくく、カビの発生も抑えられるので、アレルギー体質の家族は助かっています。まさに環境に優しい家だからです。光熱費の高い割合を占める給湯費、暖房費を太陽エネルギーでまかなえるので、その分CO2排出量を抑えることができます。
 太陽光発電も光熱費を抑えることができますが、家にあまり居ない昼に発電し、夜は電力会社から電気を買っているのに対し、ハイブリッドソーラーハウスは、直に太陽の恵みを実感し利用することが出来ます。また部屋間の温度差がないので、いつも家族の顔の見える(廊下のない)自由な間取りができます。
最後に、希望ですが夏はかなり熱エネルギーが余っているようなので、他に変換できたらいいと思います。

ー熊本県熊本市A様のご感想 (平成17年3月入居)
 土地を購入したときは、坪単価の安い家を考えていましたので、不動産屋さんの紹介で、サンクス建設の専務さんが説明に来られたときも、あまり興味はありませんでした。
 しかし、実際に建てられた家を見たり、ほかの会社の床暖房の方法と比較検討したりしているうちに、サンクス建設さんの方法が、省エネにも日常の経費面でも優れていることがわかってきました。
 整地の段階から竣工まで、ずっと見せてもらいましたが、どの段階も丁寧な対応で、サンクスさんの誠意を感じました。私たちの家の記録は、こちらです。
 今では、坪単価の安いだけの家にしなくてよかったと、つくづく思っています。

ー熊本県菊池郡H様ご感想 (平成7年10月入居)
〜サンクス建設さんとの出会い〜
 私が、この家を造ってもらって、丸9年になります。
 サンクス建設さんとの出会いは、10年前に兄に家の建て替えを相談したところ「家づくりは建てた後のフォローが大切。池田さんの所なら間違いなか」と言われたのがきっかけでした。昔、兄と池田さん(専務)が一緒の会社で働いていて池田さんの人柄を知っていたからでした。
〜こだわりの家づくり〜
 早速お会いして、私が「寒くない、体にも環境にも優しい家を作りたい」と注文を言うと「それでは、太陽熱を利用した床暖房の家にしましょうか。」と言われました。サンクス建設さんも、これからのことを考えて何か1つ特徴のある会社にしようと考え、ハイブリッドソーラーを導入しようかと考えておられたそうです。それからは、無理な注文も出しましたが、二人で材料選びから構造までいろいろと勉強し、アイデアを出し合い「体と環境に優しい」家づくりを目指しました。当時は、床暖房の家はまだ珍しいものでしたが、最近はずいぶん増えてきたようです。これからも一軒でも多くの「こだわりを持った家」の仲間が増えることを楽しみにしています。

ー鹿児島県出水市Y様ご感想 (平成15年4月入居)
 太陽の恵みを受けた床暖房の自然な暖かさは、健康的で快適そのもの。1階足元はもちろん、吹き抜けを通して2階もポカポカで、掛け布団1枚で夜も大丈夫です。
 目覚めた朝から暖かいハイブリッドソーラーハウスは、環境へのやさしさとともに、ずっと気持ちよく暮らせそうです。

−こんなご感想もいただいております−
 ・真冬でも暖かく、朝起きるのが辛くなくなりました。
 ・寒冷の台所仕事が、とても楽になりました。
 ・足下が暖かく冷え性の私には天の恵みです。
 ・真夜中の帰宅も自然暖房なので暖かく、深夜も熟睡出来るようになりました。
 ・廊下にトイレ、洗面脱衣所も暖かく、子供達も進んでお風呂に入ります。
 ・クリーンな太陽熱暖房だから燃費も気にせず一日中快適です。
 
できるだけ多くの方々にこのすばらしい家に住んで頂けるよう、工夫をこらし割安価格で提供しております。
 
+++太陽にサンキュー39タイプ
39万円/坪(税込 40.95万円/坪)+++
 
← MO邸 外観
MA邸 居間 →
 
 
 
100年住宅をリフォームして
ハイブリッドソーラーハウスへ!!
+++ 太陽の住む木の家 +++
 


F邸 内部
42万円/坪
(税込み 44.1万円/坪)から
化粧県産構造材


S邸 内部
42.5万円/坪
(税込み 44.62万円/坪)から
化粧県産構造材塗装


H邸 内部
43.5万円/坪 
(税込み 45.67万円/坪))から
化粧染 天井・床・腰壁 
県産 杉・桧のムク材


HA邸 内部
45万円/坪
(税込み 47.25万円/坪)から
構造材 天井・床・壁 
全部県産 杉・桧のムク材
 
〜熊本県内では58軒のお客様がハイブリッドソーラーハウスにお住まいです〜

サンクス建設株式会社
Tel:096-384-0361
〜お気軽にお問い合わせください〜
 
Copyright(c) CHIRYU-HEATER Corporation. All Rights Reserved.