本文へスキップ

チリウヒーター

Site Menu

BOSSのひとりごと 2020年2020

3/12 世界の若者が温暖化防止デモ

 近年の過激な台風や大雨、死者も出る猛暑、近寄らなくなったサンマ、11月以来北海道より広い面積を焼いたオーストラリアの山火事等々地球温暖化を身近に感じさせる事象には事欠かない昨今です。世界の科学者たちの見解は人間活動によるCO2急増が原因と指摘し、中でも石炭燃焼によるCO2は世界の温暖化ガス排出の40%を占めます。欧州は温暖化問題には関心が高く、一向に手を打とうとしない為政者たちに抗議するスウェーデンの高校生グレタ・トゥンベリの呼びかけは広く世界の若者の心を動かしています。グレタは国連気候行動サミットやCOP25気候変動枠組み条約締約国会議に招かれ、世界の若者に連帯を呼びかけ、これに呼応して温暖化対策促進を訴える「気候ストライキ」には世界で4百万人以上がデモに参加したといいます。ある新聞のニューヨーク特派員は、地下鉄から地上に出たら身動きできないほど若者が溢れていたと言います。ちなみにニューヨーク市は子供たちが学校を休んで集会に参加するときは罰しないと決めていました。筆者が心配するのは、この時日本でどれほどの抗議集会が行われたかです。少なくとも日本のメディアは何も報じていません。COP25 に参加した小泉環境大臣は、アジア諸国の石炭火力発電所建設を支援すると打ち上げて、温暖化対策に否定的な国に贈られる炭素賞を2つも貰いました。メディアも欧米メディアを見習って温暖化問題啓蒙にもっと努めなくては存在価値なしです。

ニューヨーク市の気候ストライキ ニューヨークタイムズ誌一覧へ戻る

3月 冬の乾燥

 冬になると多くの人を悩ませるのが乾燥です。これは日本の気候の特徴で、冬は大陸の高気圧の影響下に入り、大陸から乾燥した風が来ます。夏は逆に主に太平洋高気圧によって暖かい湿った空気が来ます。重さ約1㎏の空気は縦横1m奥行83㎝です。夏はこの1㎏の空気に約20gr以上水分があり、これが日本独特の蒸し暑さのもとになるのですが、冬には4grとかもっと少ししかありません。5℃で4grの外気は湿度75%ですがこれを家の中に取り込んで21℃に暖房すると湿度は24%に下がります。これが暖房すると乾燥する理由ですが、室内には人が生活するので水蒸気が発散され湿度は上がります。適正な換気をしながら暖房している部屋はふつう30~40%になります。そうすると日本ではテレビなどが乾燥し過ぎと大騒ぎして加湿を薦めますが、ヨーロッパなどはこの湿度が当たり前で誰も騒ぎません。実際、WHOは健康的住環境として30%以上を推奨しますし、パリやミラノの娘さんもお肌パサパサではありません。それよりも換気を止めて外気給気を止め、加湿器を運転することのほうが、ダニの発生や化学生成物の充満、結露の発生、湿った布団などはるかに有害です。筆者の身内で、冬にダニのせいで小児喘息になりかかった幼児がいます。乾燥で痒みが出る人は尿素入り保湿クリームがとても効果があります。湿度30%を恐れないで、決して換気装置を止めてしまったり換気給気口を塞いだりしないで健康的な生活をしましょう。

一家に1台必須!
正確に湿度を測るドイツTESTO社の湿度計

▶ 一覧へ戻る

2/12 アパレル産業の持続可能化

 ロンドンでファッションショーが開かれたとき、その外ではZARAやユニクロなどファストファッションの真のコストを世に人に気付いてもらおうという抗議集会が開かれていました。(何かと言うとすぐ街頭で抗議活動をするのは西洋のとても良い気風だと思います。)ファストファッションのお陰で人々は気楽にファッションを手に入れるようになったけれど、今や世界では毎年8百億もの衣料が生産され短期間着用されただけで捨てられています。アパレル業界は世界最悪の地球汚染産業で石油と農作物を大量消費します。衣料品の半分は綿が使われていますが、2万ℓの水を使って綿1kg、これでTシャツとジーパン各1しかできません。これにあるスウェーデンの会社が挑戦して成果を上げています。アメリカなどから金具類を取り除いて送られてきデニムが細かく砕かれ、糸など綿以外の繊維を除去され、次いで塩素を使わない薬剤で色を抜き洗浄しパルプ状になり、これから糸を紡ぎ布に再生されます。これから更に数回再生を繰り返すことができます。この布は2014年にファッションショーで紹介され、それから4年で年間7千トン生産の工場になっています。という事は、この動きが世界に広がろうという事を意味します。この会社にはご存じのH&Mも投資しており、近々H&Mの店頭にこの繊維でできた商品が並ぶことになります。
 綿の栽培よりも染色工程はもっと環境に有害で、年間20億トンもの水が(日本では処理されていますが)流され生物を殺し海に流れ込みます。1㎏のコットンを染めるのに150ℓの水が使われます。ある研究所では、これを染料ではなくバクテリアの染色力でやろうという研究が進んでいます。まだ先は長そうですが。こうして地球を守ろうという動きが着々と実行に移されてゆくのはさすがに地球温暖化と騒ぐ欧州だけあります。
BBCより ジーンズから再生したコットン
興味のある方は renewcell.com で検索

▶ 一覧へ戻る

2月 札幌の屋内空気質

 日本では今や工場からの大規模な大気汚染は無くなり、繁忙な道路の直近など特に大気汚染のひどい場所を除き、「屋内の大気は屋外の大気より汚れています」。殆どの人は一日20時間以上、屋外で仕事をする人でも約半分は屋内で生活するのでこれは問題です。屋内空気の汚染現在は、家具などから発生するホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)やファンヒーターなど燃焼暖房機の排気は分かり易いですが、調理による排気の危険性を指摘する研究者もいます。食品を加熱したときCO2や水蒸気や僅かながら一酸化炭素が発生するほか、肉などの焼ける匂いとともに発がん性のあるPAHsという有機化合物が生成されると言うのです。匂いは化学生成物ですから。 札幌の住宅の空気質調査によれば、紫外線によって生じるオゾンは夏も冬も外気には同じようにあるのですが、屋内空気をみると冬に少なくなります。これは冬閉め切って部屋の換気が適正になされていないことを示しています。同様に、夏のほうが屋内で多く発生するはずのVOC類も冬のほうが多かった。これも換気欠如です。知らないうちに気密性が高まった住宅ですが、換気装置がない家が殆ど、新しい家で装備されていても正しく使われていない家が多いのです。家族の健康を守るため再点検しましょう。調理排気をきちんと排気する同時吸排気型の台所換気扇は稀にしかありません。お宅の換気扇が同時給排気でなかったら運転するときは近くの窓を少し開けましょう。
同時給排気レンジフードファンのしくみ

▶ 一覧へ戻る

1/30 ケニアのバラ

 日本では馴染みが薄いですが、西洋では誕生から墓場まであらゆる場面で切り花の需要があります。切り花の交易は古代エジプト始まり、ローマ人がヨーロッパに広げました。珍しい花は貴重品になり1700年代、オランダで花の温室での量産が始まり、20世紀には世界の花産業の中心になりました。1970年代以降、切り花の国際交易が急伸し、20年で15倍の産業になります。その中心、オランダの花市場では毎日2千万本の売買が、ズラッと並んだコンピューターの前で世界中の買い手が競りをします。このオランダの市場支配が脅かされ始めました。英国セレブの結婚式で、父親が胸につけるのは薫り高いサマーローズとされていますが、今やこのバラがケニアの農園から運ばれているのです。近年、ケニアのバラの価値が非常に上がっていて、ケニアは花の輸出では世界3位、エチオピア、コロンビア、エクアドルの4国で世界生花市場の半分を占めます。温室に暖房は要らず、日照時間が長く、持続的な生産に持ってこいです。経験を積んだ管理者が丁寧に育て、採るとすぐ2℃の倉庫に入れ、選別梱包した高級バラなどを世界60ヵ国に出荷します。ケニアの切り花は30年で10倍に成長、関連産業に200万人以上が従事し、国の経済に毎年8億ドル貢献します。ナイロビ空港の拡大で、今やケニアのバラがキューヨーク・ロンドンや、東京六本木ヒルズの花屋さんに並び、1本0.5$のバラが14$の高級バラになります。例えばTAMBUZI ROSE と検索してみてください。
BBCワールドニュースより

▶ 一覧へ戻る

1月 24時間換気の正しい理解を

 人が体に取り込むものの最大のものは空気で、一日に16㎏位。水や食料はそれぞれ1.5kg以下なのでどれほど多いか分かります。しかもその空気の8割近くは家の中の空気です。では、その屋内空気は屋外空気とどちらの空気質が悪いでしょうか?殆んどの調査研究は、特定な地域以外では、屋内空気が悪いと指摘します。ファンヒーターやタバコなどは最悪ですが、そうでなくても、人が排出するCO2や水蒸気、家具などから出る揮発性有機化合物、掃除の粉塵、ダニ、洗剤の揮発成分、料理で発生する匂いなど。料理で生成される多環芳香族炭化水素(PAHs)危険性を指摘する人もいます。昔の家は隙間風家の中の空気は毎時2回以上入替っていましたが、その後家の気密性が高くなりました。そこで2003年に建築法規で「24時間換気システム」の装備が義務付けされ、家の空気を毎時半分づつ入れ替えます。以後の建物にはすべて装備され、シックハウスという言葉がメディアを騒がせなくなったのもこのころからです。ところが、現実は換気装置が正しく役に立っていない例が非常に多いのです。原因は、居住者が上に述べた24時間換気の必要性を理解していないことで、換気装置を装備した家の多くで、①換気ファンのスイッチを切っている、②給気口を閉じてしまう、のいずれかで換気システムを殺している例があまりにも多いことに驚かされます。筆者は、換気ファンにスイッチを設けないこと、給気口は決して閉じないこと、をお勧めします。

    換気不要の昔の家        換気装置装備の今の家

▶ 一覧へ戻る

このページの先頭へ