本文へスキップ

チリウヒーター

Site Menu

製品紹介 - ハイブリッドソーラーハウスHybrid Solar House

ハイブリッドソーラーはハウス自然の恵み、太陽エネルギーを暖房と給湯に高効率で利用する「ハイブリッドソーラーハウス」。 家をまるごと24時間暖房して欧米並みの快適で健康な居住温熱環境を作りながら、環境負荷・光熱費の低減を共存実現する「太陽熱利用住宅」です。
日本の平均家庭エネルギー消費の1/3をも占めるお湯沸かしにも大きな削減効果を発揮します。

ハイブリッドソーラーハウスの基準モデルの建物性能(2013年改正省エネ基準に基づく外皮計算とWeb算定プログラムによる)は下表のとおりです。

計算基準建物

1 システム概要

3つの運転モード

ハイブリッドソーラーハウスは、季節や天候に合わせて、その時々に最適な「3つの運転モード」を自動的に選びながら作動します。居住者は好みに合わせて四季折々の温度調節をするだけ。あとはお任せです。

1.1 ソーラー暖房・給湯運転

ソーラー暖房

暖房期で日差しがあれば、屋根のコレクターで温めた熱媒液を床下のパイプに循環して、夜から明朝までの暖房のために蓄熱します。蓄熱床を循環した不凍液は、帰り道に貯湯タンクをも循環し、給湯にも役立ちます。

1.2 補助暖房運転

補助暖房運転

冬、日差しが不足するときには、自動的に補助ボイラーが作動して必要最低限の蓄熱床温度を確保します。太陽熱の邪魔をしないよう日差しのないときだけ作動します。

1.3 ソーラー給湯運転

ソーラー給湯運転

暖房のいらない季節には、太陽熱で370リットルのお湯沸かし。
春・秋の晴天日は、暖房しながらでも十分な湯が沸くので年間給湯エネルギー消費を約60%削減します。給湯は、年間家庭消費エネルギーの1/3をも占めるので削減効果は絶大です。

2 快適のキーポイント「土間床構造」

ハイブリッドソーラーハウスの特徴は、「蓄熱する土間床」にあります。湿気や腐朽やシロアリが心配な床下空間ですが、「縁の下」のない土間床構造なら足元から冷える心配もありません。 土間床コンクリートに埋設したパイプに、太陽熱で温めた熱媒液を循環し蓄熱します。こうして昼間だけ照る太陽を、夜から朝までの暖房に使います。

床下一面の蓄熱コンクリートは数トンの温水タンクに相当する熱を蓄え、24時間の床暖房となって家全体に染み渡る温もりを作ります。

床3D-べた基礎型床3D-基礎一体型

施工のご相談

施工は安心のアマテルソーラー協会会員工務店が ハイブリッドソーラーハウスの施工は、アマテルソーラー協会が認定した工務店がご対応いたします。
高度の断熱技術を持ち、専門知識を持ったアマテルソーラー協会工務店またはチリウヒーターにご相談ください。

全国の認定工務店はこちら

3 システム機器 図面・仕様書

図面ダウンロードはこちら

4 ハイブリッドソーラーハウスは快適住宅

4.1 健康と快適の理由

Guideline for Healthy Housing

「何のために家を作るのか?」
これまで日本の家に欠けていたのは「快適・健康・安全に暮らせる家」という考え方。ハイブリッドソーラーハウスは、「最高度の居住快適性」を「少ない光熱費負担」で実現する家です。
これに欠かせないのが「強固な断熱」と「途切れない暖房(冷房も)」。ハイブリッドソーラーハウスはこれをセットで提供します。
言葉で表わしにくい”快適性”を、WHO(世界保健機構)が研究論文Guideline for Healthy Housingとして出版しています。家づくりについてはこちらへ

4.1.1 家の中に気候を作る

ハイブリッドソーラーハウスは24時間の広域床暖房です。床からの温もりは、壁に柱に梁に家具にすべてに浸み込み、家の中全体に適度な温熱環境を作ります。右の家では足元・頭の高さ・吹抜け上空の温度差はゼロです。空気だけが温かいのではなく家全外が温もっているからです。
こうした温熱環境は、「家の中は別の気候」があるのと同じこと。外出から戻った時も、朝起きたときも、お風呂に入る時も、夜中のトイレも、いつでもどこでも心地よい温熱環境が家族を守ってくれます。

"

4.1.2 世界に類を見ない高齢者入浴死

日本の高齢者の溺死は欧米の20倍にも達し世界で抜群。心臓発作など入浴起因と推定される死者は年に17,000人にも達するとされます。原因は家の中の温度差。温度のバリアーフリーが必須です。
冷え切った家で一部屋の空気だけ温める欠陥暖房を「お風呂で芯から温まる」と入浴で補うことによる悲惨な現実。西欧人の「めったに浴槽に浸からない」習慣は、家の中に寒さがないことのあらわれでもあります。

4.1.3 床温度は24~26℃が快適

頭寒足熱と言いますが、足が暖かければ良いというものではありません。右のグラフのように床板温度が暖かすぎても冷たすぎても人は不快と感じます。従前の日本の床暖房では床板温度は30℃以上必要でしたが、ハイブリッドソーラーハウスでは23~26℃辺りの理想的な床温度で家全体に温もりが行き渡り、その快適性は類を見ません。
床温度は昼夜・夏冬を通してほとんど変化しないので、無垢材の床板も安心して使えます。

4.1.4 温熱環境の改善が健康の秘訣

温度が安定するので湿度も変動せず、適切な換気とともに家の中は冬季には30~40%に乾燥します。WHOが健康的とする湿度は冬30~夏60%、女性が気になるお肌の乾燥の心配もありません。右はある家のダニの計測結果です。
こうしてダニが激減し、その結果喘息やアトピー性皮膚炎は著しく改善された事例も少なくありません。押入れの布団はいつでもふわふわ、洗濯物は室内干しでパリパリです。

4.1.5 植物が喜ぶ家は人にもやさしい

家の中の観葉植物の緑は眼を休ませ、心を和ませてくれます。季節ごとの温度差が少ないハイブリッドソーラーハウスなら、観葉植物が一年中元気に蔓を伸ばし、花を咲かせ、生活を潤してくれます。

4.1.6 参考 ハイブリッドソーラーハウス室内温度の推移

4.2 オープンな間取り

寒い「廊下・階段・トイレ・洗面所」を居間から閉め出してLDKだけを暖房するのがこれまでの日本の家。家全体に温もりを持たせるハイブリッドソーラーハウスでは、家の中にそんな危険な温度バリアーは作りません。間仕切りをやめ、廊下をやめ、階段を居室に置けるので、広々とした空間づくりが可能。居間に吹抜けを設けて2階も仲間に入れましょう。
ハイブリッドソーラーハウスでは、従来の住居ではなかなか踏み切れなかった上下空間の使い方をいろいろと実現することができます。

5 太陽熱で省エネルギー

高断熱にしたとはいえ、燃料費に気を使って抑え気味にしての24時間暖房では値打ちがありません。太陽熱が主燃料のハイブリッドソーラーハウスなら気兼ねなく快適住環境を享受できます。表はある家の試算ですが、年間総暖房エネルギーの35~50%を太陽熱がカバーしています。

東京都内の実例では、それまで蓄熱床暖房をしていた家に太陽熱集熱器を増設したところ、暖房給湯合計で燃料消費は完全に60%削減しました。

6 補助暖房・補助給湯の燃料の選択

太陽熱で1/3に削減するとは言え、不必要に高い光熱費を使う必要はありません。
暖房や給湯に使う光熱費の比較はこちら。

7 施工例

施工例はこちらへ